保湿と角質ケアで今年こそ美脇に!脇の黒ずみ解消法

wakikurozumi-naosu

いざ水着を着てみて鏡をチェックしたら、なんだか脇が黒ずんでいる…そんな経験ありませんか?
海に行く前に、まずは脇の黒ずみをチェックしましょう。

黒ずみケアに必要なことは「毎日ケアを続けること」です。
続けるにはやはり、きちんと効果が実感できる方法が必要です。

脇の黒ずみに悩んでいる人にこそ教えたい、効果的な解消法をご紹介します。

日焼けしなくてもシミに!脇の黒ずみの原因

脇の下の黒ずみは、シミのように皮膚自体に広がっている場合と毛穴が黒ずんでプツプツと盛り上がっている場合があります。

なぜ、日に焼けることの少ない脇の下がシミのように黒ずんでしまうのでしょうか。

的確なお手入れを続けるためにも、正しく原因を知っておく必要があります。
脇の黒ずみが出来る原因を解説します。

間違ったムダ毛処理

001
脇のムダ毛処理でカミソリや毛抜きを使っている人はすぐにやめましょう。
皮膚を傷つけることの多いムダ毛処理は、炎症から黒ずみを作りやすいのです。

カミソリ

カミソリはムダ毛と一緒に、皮膚を保護するために必要な角質も剃り落してしまいます。
特に、脇は皮膚がやわらかく薄いので、カミソリの刃による小さな傷がたくさん出来ます。

そのため、乾燥や炎症が起こりやすくなり、肌を守るために黒ずみの元となるメラニン色素が大量に分泌されます

毛抜き

毛抜きでムダ毛を無理やり引き抜くと、毛穴の中で傷付き、炎症を起こします。
毛穴の炎症は色素沈着を引き起こすだけでなく、埋没毛も作ります。

埋没毛と色素沈着が同時に起こって、プツプツとした脇の黒ずみを作りだしてしまうのです。

皮膚が薄い脇は摩擦のダメージ大!

脇の黒ずみは、皮膚同士、または衣服による摩擦も原因になります

脇は腕をよく動かしたりする時などに摩擦が起きます。
また、衣服の素材によって摩擦によるダメージが大きくなります。

脇はもともと皮膚が薄くやわらかいため、摩擦による炎症が起きやすくなっています。
摩擦によるダメージを修復するために、メラニンが大量に分泌され黒ずみとなるのです。

乾燥は黒ずみの大きな要因!

乾燥はメラニン色素を分泌させる大きな原因になります。

皮膚がダメージを受けると、メラニン色素が分泌されます。
皮膚の乾燥は、肌表面のバリア機能となる働きを弱らせます
そのため、少しの刺激でも大きなダメージとなり、黒ずみを作りやすい皮膚になってしまうのです。

保湿と美白が基本!今ある黒ずみ対処法

原因となる刺激を気を付けることはできても、ゼロにすることは難しいです。

今ある黒ずみに対処するには、肌を守る保湿とメラニンに働きかける美白を中心としたお手入れが必要です。

専用クリームで保湿と美白は毎日!

002
脇は薄くデリケートな皮膚なので、刺激が少なく保湿力の高いものでケアをしましょう。

脇の黒ずみケア専用クリームなら、美白効果もあるので今ある黒ずみの改善に効果的です。
1つで保湿と美白のケアができるので、黒ずみ対策を簡単に毎日続けることができます。

ニオイケア効果もあるので、朝にも使いやすいですね。

ピューレパール

ピューレパールは白い半透明のジェルクリームです。
脇の黒ずみやボツボツ目立つ毛穴に悩んでいる人向けの対策ゲルです。

保湿成分のコラーゲンやヒアルロン酸と、美白効果のあるプラセンタなどの美容成分が高濃度で配合されています。
合成香料、着色料、シリコン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤をし用意していない低刺激タイプです。

定期コースで1ヶ月分30gが¥5,130(税込み)なら、通常購入よりも¥3,078お得になります。

アットベリー

アットベリーは一見クリームに近い質感ですが、肌に伸ばしてみると浸透の良いジェルクリームです。
脇に限らず、ヒジや膝などの黒ずみやすい箇所のケアに最適です。

ヒアルロン酸、コラーゲンに加えて、人の保湿成分に最も近いセラミドも配合しています。
着色料、シリコン、界面活性剤、紫外線吸収剤、鉱物油、アルコール、パラベンは使っていません。

初回購入限定で通常価格の20%オフの¥5,200(税込み)、定期購入の申し込みで1ヶ月分が¥4,700(税込み)です。

美白は体の内側からも!

美白ケアは体の内側からも始めてみてはいかがでしょうか。

食べ物からも取り入れやすいのはビタミンCとビタミンEです。
ビタミンCは緑黄色野菜やフルーツに多く含まれていて、炎症を抑えたり、肌のダメージを修復する抗酸化作用があります。

ビタミンEには肌の生まれ変わりを促す効果があるので、黒ずみの原因であるメラニンの排出を助けます。
ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。

食事で取り入れるのが難しい人はサプリメントも活用しましょう。

角質ケアは週1回以下!

保湿ケアと美白ケアを毎日続けながら、週に1回程度ピーリングをしましょう。
古い角質をピーリングでケアすることで、肌の正常なターンオーバーを促します。

ただし、週1回以上ピーリングをしてしまうと肌にとって刺激となり、逆に黒ずみの原因を作ってしまいます
頻度に気を付ければとても効果的なケアなので、あくまでスペシャルケアとして取り入れることをおすすめします。

ムダ毛処理はプロに任せる!

ムダ毛の自己処理は一切しないことが脇の黒ずみの改善と予防になります。

脱毛サロンやクリニックで脱毛したほうが、将来的にムダ毛処理自体が必要なくなるので肌に最低限の負担で処理できます。
脇のムダ毛はプロに任せて脱毛することをおすすめします。

家にある意外なものでスペシャルケア!

脇の黒ずみのスペシャルケアとして、塩と重曹が使えるのはご存じですか?
それぞれの特性を活かして適切に取り扱うことで、コストをかけずに脇の黒ずみケアが出来ます。

ただし、肌に合わない場合はすぐに使用を中止してください。
皮膚のために精製された化粧品とは違うため、肌の弱い人は充分注意しましょう。

塩とオリーブオイルで手作りスクラブ

オリーブオイルと塩で手作りスクラブができます。

<作り方>

1.脇に塗る分だけの量で、塩とオリーブオイルを3:4の割合で用意。
2.塩はすり鉢などで、出来るだけ細かく砕く。
3.オリーブオイルと塩を容器に入れて混ぜる。
4.湯上りか蒸しタオルなどで、脇の皮膚が温まった状態で使用する。
5.力を入れずになでるように脇全体に塗る。
6.丁寧に洗い流したら、しっかり保湿する。

力加減に注意して、週1回程度のケアに取り入れましょう。

海塩の入浴剤で新陳代謝を促す

塩、または海塩があれば湯船に入れて、入浴剤として使えます。

塩を入れて入浴すると、血流が促され、毒素排出など高いデトックス効果が得られます。
全身の新陳代謝が良くなるので、正常な肌の生まれ変わりをサポートし、メラニン排出に効果的です。

重曹で溜まった角質を溶かすピーリング

アルカリ性の重曹が、たんぱく質である古い角質や毛穴汚れを溶かすため、高いピーリング効果があります。

<使い方>
1.両脇に使う分だけの適量の重曹に、少しずつ水を足してペースト状にする。
2.脇に付けて、やさしくなでるように洗う。
3.よく洗い流して、最後に保湿する。

石けんやボディソープに少量混ぜて、泡立てて使っても効果があります。

重曹の濃度によって、肌にヒリつきや痛みを感じる場合があります。
肌が敏感な人は皮膚科で相談してみてから実行しましょう。

手持ちコスメで脇の黒ずみケア

新しいアイテムやスキンケアを始めるにも、肌に合うかどうかが不安ですよね。
今使っているコスメや昔から使われているコスメでも、簡単に脇の黒ずみケアが出来ます。

美白効果などはありませんが、根気よくケアを続けていくうちに肌の本来の機能を取り戻すことで改善する可能性はあります。

プツプツ毛穴汚れにクレンジング

メイク落とし用のクレンジングオイルで、脇の毛穴に詰まった汚れを溶かし出します。

力を入れずに、くるくると脇全体をクレンジングします。
週2~3回程度のお手入れがおすすめです。

洗い流した後は、顔と同じように洗浄と保湿をしっかり行いましょう。

薬局で買える保湿ケアアイテム

薬局で手軽に買えるアイテムは脇の保湿ケアにおすすめです。

話題のプチプラクリーム・ニベア

ニベアの青い缶は保湿クリームとして万能な効果を持っています。
豊富なオイル成分が肌をしっとりと保ちます。

美白成分が欲しい場合は、同じニベアからホワイトニングシリーズもあります。
ニベアの黒ずみケア効果について詳しくはコチラをご覧ください。

元祖保湿オイル・バイオイル

バイオイルは傷あとやストレッチマークの予防に効果的な保湿オイルです。
主な成分が天然由来オイルなので、肌が敏感な人も安心して使うことができます。

脇の黒ずみが比較的軽度な人には、効果があらわれやすいようです。
1日朝晩2回、1回2~3滴程度の使用でマッサージしながらなじませます。

かなりコスパが良く、3ヵ月は続けてみることをおすすめします。

脇の黒ずみケアはアイテムより継続が大事!

脇の黒ずみケアは改善までどうしても時間がかかります。
高価な美白美容液を使っても、続けなければ意味がありません。

まずは効果が出始めるまで根気よく続けることが一番大事です。
それには、1ステップで手間がかからず効果を実感しやすい専用クリームがおすすめです。
返金保証もあるので、ぜひ一度試してみてください。