バイオイルの効果って?脇の色素沈着・黒ずみには効くの?

20150901-biooil

最近話題の化粧品バイオイルとはどういうもの?

化粧品バイオイルにはどんな効果が期待できるの?

バイオイルという商品は保湿力が非常に高い美容オイルです。ストレッチマークや傷が完治して跡だけが残っている箇所を改善させていくのに効果的、といわれています。肌角質層深部にまで浸透するのでたっぷりと保湿ケアをしていけます。優れた保湿効果が傷跡の残る皮膚にうるおいを与えて柔軟にし、改善へと向かわせます。
ストレッチマークとは、妊婦さんのお腹にできやすい妊娠線や、急な体重の変化によって皮膚にできる、ひび割れたような線を指します。

妊娠中は胎児がお腹の中で成長し、グングン大きくなります。それに伴い、母体のお腹の皮膚も急激に伸びるため妊娠線ができやすいのです。また、妊娠以外でも、急激な体重増加がありお腹にたるみがでてしまった場合、皮下組織の伸びがそのスピードについていけず、肉割れといわれる状態になり、スジのような線ができることがあります。体型が戻っても線は残り続けます。
バイオイルはこうしたストレッチマークのケアに適しており、改善していけることが期待できます。
ストレッチマークの改善の他にもバイオイルには以下のような効果が見込めると言われています。

・キズが完治してキズあとが残った箇所をキレイにしていく
・小じわが気になる箇所へ乾燥の対策方法に
・パサつきが気になるときのヘアケアに
・ハンド&ネイルの保湿ケアに

ノンコメドジェニックテスト済みなので、ニキビケアとしてニキビが気になる方でも安心して使用できます。
イギリスやオーストラリアをはじめとした世界18カ国で愛用されているバイオイルは日本でも人気が高まってきています。ネットでお手頃なお金で購入できます。ダイエット後のお腹の線のケアや、妊娠線ケア、キズあと、ヘアケアなど一緒にケアが出来るのは嬉しいですよね。

バイオイルを使いたい!使い方と適量は?

バイオイルはスキンケア、ボディケア、ヘアケア、ハンド&ネイルケアとして日常生活で幅広い使い方ができます。以下にご紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

スキンケアに

化粧水のあとに両手に1~2滴をなじませ、伸ばしながらやさしくマッサージ。顔の小じわが気になる部分には念入りになじませましょう。

ボディケアに

両手に1~2滴をとってなじませ、ストレッチマークや傷跡など、改善していきたい場所にていねいに塗ってケアしていきます。
直接塗ること以外でも、風呂場でお湯をはったバスタブに数滴いれて入浴剤(バスオイル)としても使用できます。

ヘアケアに

シャンプー・リンス・タオルドライの後、1滴を両手にとってなじませ、パサつきや傷みが気になる毛先などにつけていきます。

ハンド&ネイルケアに

1~2滴を両手にとり、ハンドクリームでケアをするのと同じ要領で手と爪、爪周りをやさしくマッサージしてケアしていきます。
適量を守ればオイルなのにベタベタしないで使い心地も快適です。

バイオイルは脇の黒ずみにも効果あり?

脇に色素沈着(黒ずみ)ができるメカニズム

あらかじめ脇に色素沈着による黒ずみができるまでのメカニズムについて簡単にご説明していきます。
色素沈着が脇に起こるのは、カミソリ処理や毛抜き処理などによるムダ毛の自己処理で毛穴や皮膚に刺激を与えることが大きな要因となっている場合が多くあります。
脇の皮膚は体の中でも特に薄くてデリケートです。カミソリや毛抜きを使ってムダ毛処理をしたとき、やり方によっては刺激やダメージを与えてしまいます。その刺激でブツブツになる方もいます。
皮膚は刺激やダメージを受けると肌を守ろうとしてメラニンを生成します。メラニンとはしみや黒ずみの元となる黒色の色素です。

通常量であれば肌のターンオーバー(生まれ変わり)のサイクルに乗ってメラニンも体外へと排出されるのですが、刺激を受けることでメラニンは過剰に生成されてしまい、体外へと出し切られずどんどんたまっていき、それが黒ずんで見えてくるのです。

脇の黒ずみにバイオイルはどうやって働きかける?

バイオイルは保湿力の高い美容オイルですが、色素沈着のメラニンに直接働きかける美白オイルではありません。シミや黒ずみの元であるメラニンに作用するのではないのに、バイオイルが「脇の黒ずみ改善にもおススメ!」という評価を得ている所以はどこにあるのか見ていきましょう。
前述の通りバイオイルは角質層まで浸透していく高い保湿力があります。保湿効果で傷跡のような箇所にうるおいを与えていき、肌を柔軟にさせていくという方法です。脇の黒ずみは自己処理によって起こる刺激やダメージが過剰なメラニン生成を促して発生しやすくなります。

バイオイルは蓄積したメラニンに働きかけるのではなく、こうしてダメージを受けた脇の皮膚にうるおいを与え柔軟にすることで回復させるアプローチとなり、“脇の黒ずみにもよかった!”と多く評価される結果を導いたものだと思われます。
脇の黒ずみ対策としてバイオイルを使うなら「少しずつ改善させていく」というイメージで継続したケアをしていくことが大切といえますね。

バイオイルの使用感や安全面は?

バイオイルはノンコメドジェニックテスト済み・パッチテスト済み・低刺激性テスト済みでそれに加え肌に負担となる防腐剤を使用していません。こうしたところがユーザーの方にとっては安心して使用していけるポイントですね。

バイオイルには植物由来の有効成分(トウキンセンカオイル、ローズマリーオイル、カモミールエキスなど)や、美容に大変よいと言われているビタミンA、Eが配合されています。1回の使用量は少量ですが、伸びがよく、ベタベタしないサラリとした使用感も人気の理由と言えるでしょう。