脇の黒ずみを綺麗に隠す!運動中も水もOKな隠し方は?

suiei

脇の黒ずみにゲンナリしている女性はたくさんいます。ムダ毛の自己処理によってメラニンが蓄積されたり、乾燥や汚れでダメージが蓄積されたりと、とかく黒ずみが発生しやすい場所だからです。
とはいえ、脇の下って目立たないようで意外とチェックされがちな場所。特に男性は気になるのか、芸能人の脇の下をチェックしたサイトなどもあり、女性としては冷や汗ものです。かと言って友達に脇の下の悩みや心配は相談しづらいですよね。
黒ずみをごまかすだけでは根本的な解決にはなりませんが、脇の下をキレイにするにはある程度の期間が必要になってしまいます。急ぎでなんとかしたい!とりあえずキレイに見せたい!そんなときの解決方法をご紹介します。

ファンデーションで隠す

一番手っ取り早い方法は、ファンデーションです。ファンデーションなら誰でも持っているし、購入するお金もピンキリですし、最近のファンデーションのカバー力はなかなかのもの。
ですが、やはり顔用のファンデーションでは激しい運動などの汗には太刀打ちできません。あくまで「緊急対策」と考えてください。
そんな緊急対策でも、それなりに落ちないようにする工夫は…。

脇を閉じない

ファンデーションって、塗ってから定着するまでに時間がかかるものです。
塗った後にすぐ脇の下を閉じてしまうと、ファンデーションが湿気でキレイに定着してくれません。長持ちさせるためには、脇を閉じずにしばらく腕を上げて、ファンデーションが定着するのを待ちましょう。

制汗スプレーを使う

ファンデーションを塗る前にはしっかりと脇の下を洗い、制汗スプレーを振って汗を抑えるようにしましょう。
ベースの汚れをなくし、少しでも汗を抑えることでファンデーションが長持ちするようになります。

ウォータープルーフを使う

数種類のファンデーションを持っている場合は、その中からウォータープルーフを選んでください。
水に強いほうが、やはり長持ちします。

ファンデーションの種類は?リキッドvsパウダー

普段の生活でリキッドとパウダーを使い分けていて、両方持っている場合はどちらが脇の下に適しているのか迷ってしまいますよね。
正に適材適所で、脇の下にも使い分けが必要です。

海やプールはリキッド

リキッドタイプはカバー力も強くて、黒ずみをしっかり隠してくれます。ところが、衣服に付着しやすいという欠点が。結婚式のドレスなんか危険ですね。
普通の衣服にファンデーションの色が付いてしまうのは恥ずかしいですが、脇の下に触れることがない水着なら安心です。
水着限定ということで、カバー力の強いリキッドが活用できます。

街中ならパウダー

リキッドタイプよりもカバー力は落ちてしまいますが、衣服に付着しにくいという点で洋服着用のときはパウダータイプが無難です。脇の下に触れないような服ならリキッドタイプでもOKです。夏のファッションを助けてくれそうですね。
ただし、パウダータイプは付着しにくいとはいえ、、白い服は避けておきましょう。

ファンデーションを使うときの注意点

塗りかた

まず、自分の肌色に合ったものを使いましょう。明るすぎても暗すぎても浮いてしまいます。普段使っているファンデーションなら色味は合っているでしょうが、脇用に新しく買う場合は注意してくださいね。
自然な明かりの下で、鏡を見ながら塗りましょう。洗面所などの照明の下だと、塗る量を間違えて色ムラができやすくなってしまいます。黒ずんだ部分だけでなく、全体に伸ばすように塗った処理方法が自然に見えます。

しっかり落とす

脇の下はとってもデリケート。毛穴に汚れやファンデーションが詰まったままになってしまうと、思わぬ肌トラブルを招いてしまいます。
特にウォータープルーフタイプを使用した場合は、クレンジングを使ってしっかりと落とすようにしましょう。落とした後は、保湿対策を忘れずに。

顔用ファンデではダメ?脇用ファンデとの違いは?

前述したように工夫を凝らせば、顔用のファンデーションでも一時的に隠すことは可能です。ですがやはり、運動での汗や水分には弱く、キレイさを保つのは難しいといえます。汗かきの方は困りますよね。
脇用やボディ用のファンデーションは汗にも強く、落ちにくいので安心して過ごすことができます。ただし、色展開が少ないという欠点も。
脇の下の黒ずみが気になっているなら、海やプールの用として1本は脇用(ボディ用)を用意しておくといいでしょう。いくつかご紹介しておきますので、自分に合った色味のものを探してみてください。

マシューフィールドSCボディカバーファンデ

アザや傷でも隠すことができるカバー力は凄い!さらに落ちない!楽天での口コミも高い逸品です。
ただし、色展開がなく暗すぎるという欠点が。他のファンデーションと混ぜて色味を合わせることができるなら、海やプールにもってこいの商品です。

アンダーアームファンデーション

こちらも落ちにくいと評判の脇用ファンデ。乾いた後はこすっても落ちないくらい。
カバー力が足りないとの口コミもありますが、ラメの光効果で肌をキレイに見せてくれます。

ワキレイ

カバー力は少ないですが、ソフトフォーカス効果で自然でキレイな仕上がりに。肌の凸凹も目立ちにくくしてくれます。
消臭効果もあり、マシューフィールドやアンダーアームほどの落ちにくさはありませんが、街中で1日過ごすぶんには十分な商品です。夏にノースリーブも着れそうですね。

おわりに

いかがでしたか。緊急の脇の下対策としてお役に立てたらと思います。
ですが、脇の下の黒ずみが気になっている・コンプレックスに感じているなら、日頃からのケアも視野に入れてみてください。「ピューレパール」「アットベリー」など、脇の下の黒ずみケアとして優秀な商品もあります。
緊急対策が必要ないくらい、脇の下がキレイになればいいですね。