黒ずみやブツブツにならない腋毛の処理方法。必要なのは○○!

ダメ 女性 600

腋毛の処理方法、どうしたら良いか悩んでいませんか?
手軽にできる自己処理から、プロによる脱毛まで様々な方法があります。
しかし間違えると黒ずみやブツブツの原因になってしまうこともあります。
今回は腋毛の処理方法、おすすめの方法、黒ずみやブツブツにならないために必要なことについて紹介します。
参考にしてぜひ綺麗な脇を目指してくださいね!

腋毛の処理にはどんな方法がある?

脇毛の処理方法にはどんな種類があるのでしょうか。
1度は行った事がある処理方法や今現在も続けている処理方法など、人それぞれ自分に合った処理方法を選んでいると思います。
では、具体的な処理方法を見ていきましょう。

剃刀

一番手軽で時間もかからない剃刀での処理は、おそらく1度は行った事がある方も多いかと思います。
痛みもなく、時間がないときなど特に重宝する方法ですよね。

電気シェーバー

こちらも、剃刀同様とても手軽な処理方法。
剃刀は直接肌に当てるので、肌を傷つける恐れもありますが、電気シェーバーは、剃刀よりも安全に処理できます。

除毛クリーム

ムダ毛の部分に塗り、時間を置く事で毛を溶かしてくれる除毛クリーム。
待ち時間はありますが、肌を傷つける事なく安全に毛を処理できます。
ある程度時間がとれる人向けですね。

毛抜きやピンセット

こちらは、多少の痛みを伴いますが、1本ずつ毛根から毛を抜くため、処理後の見た目がキレイになります。
1本1本根気よく抜いていくので、こちらも時間がとれる人向け。

家庭用脱毛器

毛抜きや剃刀、シェーバーよりも安全に脱毛できる方法。
痛みは、輪ゴムでパチンと弾かれる程度の痛みです。
手軽なのでサロンなどに行く時間がない方向け。

脱毛

脱毛専用サロンや美容クリニックなどに通い、プロに脱毛してもらう方法。
金銭面での負担はありますが、一番安全で正しく脱毛が出来ます。

肌に負担がかからない処理方法は脱毛!

様々な処理方法の中で、一番肌に優しいのが、脱毛。
特に先ほども触れた脱毛専用のサロンや医療機関での脱毛は、肌への負担がなく特に安全です。
そして、肌への負担がないという事は、「黒ずみも起きにくい」という事!
さらに、剃刀などで起こりやすい剃り残しや、毛抜きなどで起こりやすい埋没毛も防げます。

コストが気になるヒトは剃刀での処理

脱毛サロンやクリニックなどでの脱毛は、黒ずみ予防には最適ですが、コストがかかるのが難点…。

そこで、コストが気になるという方は、剃刀での処理がオススメ!
しかも、短時間で処理できるのが大きなポイントです。
では、具体的な剃刀での処理方法を見ていきましょう。

剃刀での処理方法

剃刀での処理は、手軽ですが間違った処理をしていると、黒ずみの原因を作ります。
正しく脇毛処理するためにも、剃刀での注意点をまとめました。
あなたが今まで行っていた剃刀での処理方法が、間違いだらけだったら要注意です!
この機会にチェックしてみて下さいね。

処理の前の準備

剃刀で脇毛を処理する前に準備しておく事があります。

まず、入浴時や入浴後ではなく脇が「乾燥した状態」で処理する事!
入浴時や入浴後は、肌が水分を含むため角質層が非常に柔らかくなります。
すると、剃刀で毛を処理する時に皮膚まで一緒に削って傷をつけてしまう恐れが…。

また、脇の下を温める事で毛も柔らかくなり、処理しやすくなるためオススメです。

シェービングクリームは必須

剃刀で脇毛を処理する時に、何も付けないで剃ると滑りが悪くなります。
すると、皮膚に剃刀が引っかかり肌を傷つけてしまう事に。

処理する時は、「石鹸やボディソープ」などを泡立てた状態のものを付けたり、「シェービングクリーム」を使うと滑りが良くなるため、肌に負担をかける事なく処理できますよ。

シェービング

剃刀の滑りを良くさせるために、シェービングクリームなどをつけたら少しずつ毛を処理していきます。
ここで大切なのは、毛の流れに逆らうのではなく、「毛の流れに沿って剃る」事!

ついやってしまいがちですが、毛の流れに逆らって剃ると肌を傷つけ、カミソリ負けを作ってしまう恐れがあるのです。
さらに、その傷からばい菌が入ると炎症を起こし、「色素沈着」を起こしてしてしまう事にもなりかねません。
気をつけてくださいね。

気を付けて!自己処理を間違うと黒ずみ・ブツブツの原因に

剃刀で脇毛を自己処理する場合は、定期的に処理しなければいけませんよね。
しかし、毎日剃刀で脇毛を剃って処理するのはNG!

毛を剃る事で、見た目は毎日キレイになるかもしれませんが、肌に少しずつ「刺激」を与えている事になります。
すると、その刺激が黒ずみの原因に…。
「2週間に1〜2回」のペースで処理しましょう。

また、上記でも触れたように、安全に処理するためにもシェービングクリームを付け、毛流れに沿って処理するという事はきちんと守って下さいね。

黒ずみ・ブツブツ予防に「保湿」

自己処理で注意が必要な事は、黒ずみやブツブツが出来やすいという点。
毛を処理した後は、肌が敏感になっています。
そのまま放置していると、乾燥が進み、新陳代謝が落ちてしまいます。

そのため、処理後はきちんと「保湿ケア」をしないと、黒ずみやブツブツが出来やすくなるのですね。
毛を処理した後は、保湿を忘れないで下さい。

美容成分たっぷりのアットベリーがおすすめ

脇の保湿ケアでオススメなのが、黒ずみに悩んでいる方達から支持されているクリーム「薬用アットベリー」。
このクリームの特徴は、「保湿と美白のW効果にニオイケア」してくれる成分が入っている事です。

これらの美容成分は、内側に入りやすいナノ化、表面にとどまりやすい高分子化、さらにその上から保護の役割をするよう配合されています。
そのため、内側と外側からケアしながら、刺激から保護してくれる働きを持つのです。
それぞれの働きを見てみましょう。

保湿

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった6種類の保湿成分が入っており、失われた肌の保湿機能を改善しながら、肌に水分を戻し弾力を与えてくれます。

美白

美白には、プラセンタや健康な肌状態にするグリチルリチン酸、メラニンの活性化を抑える甘草フラボノイドといった美白成分を5種類も配合しています。

ニオイケア

抗菌作用がある桑エキスや抗酸化作用がある天然のビタミンEを配合しているので、ニオイの元である雑菌の繁殖を抑えます。

さらに、肌を整える作用のあるアロエエキスなど5種類の植物成分を配合。
また、気になる界面活性剤などは一切除去されており、デリケートな肌の方にも安心な低刺激処方にこだわっています。

黒ずみを予防するのはもちろん、すでに出来てしまった黒ずみも解消し、ニオイケアまでしてくれるのはとても嬉しいですよね。
口コミでは、「ハンドプレスで馴染ませる」のがコツのようで、「見た目が潤い肌が柔らかくなった」「黒ずみが薄くなって肌が安定してきた」という声が目立ちました。
早い方だと1〜2週間ほどで効果を実感できるようです。

ちなみに、アットベリーは脇の黒ずみだけではなく、肘や膝、お尻はもちろんデリケートゾーンにまで使用が可能なので全身に使ってる方もいらっしゃいました。
そんなコスパの良さも支持される理由のようですね。

保湿をしっかりして綺麗な脇を目指そう

自己処理をする場合は正しく処理をする事を心がける事が大切ですね。
さらに、その後は必ず「保湿ケア」をしっかり行う事で、黒ずみやブツブツを防ぐ事が出来ます。

また、すでに出来てしまっている黒ずみに悩んでいる方も今からでもケアすれば、キレイな脇を取り戻す事が可能です。

薬用アットベリーで保湿しながら美白ケアをして、キレイな脇に自信を持って下さいね。