日焼けは黒ずみの原因!夏冬の紫外線対策マニュアル

07221

脇の黒ずみの原因は日焼けです。
夏だけ日焼けをしないようにしっかり予防すればいいんでしょう?と思う方も多いと思います。実は日焼けは真冬でも起きるものなのです。今日は真冬の紫外線対策についてまとめます。

冬場でも日焼けする?

日焼け=夏のイメージですよね。確かに紫外線が1年のうち1番多いのは夏です。
冬は、外にいても日差しが強くないため日焼けしにくいイメージを持っている方も多いでしょう。そのため、冬の紫外線対策は忘れさられる事も多いです。

しかし、紫外線は冬でも降り注いでいますし、メラニンの活動は休まることはありません。
目に見えなくてもお肌へのダメージはしっかりとあり、脇の黒ずみの原因になる日焼けもするのです。

真冬の紫外線対策3つ

夏は念入りにする紫外線対策ですが、真冬の紫外線対策はどうすればいいのでしょうか?具体的にご紹介しましょう。

①日焼け止め

冬は長袖を着るから脇も覆われてるし、日焼け止めは塗らなくてもいいんじゃない?と思う方は多くいらっしゃると思います。実は、長袖を着ていても紫外線の透過率は高く、布をラクラクすり抜けてお肌にたどり着いてしまうのです!
しかし、服を着ている部分のお肌は着ていないところと比べて白かったりしますよね。このような事から、すべての紫外線を通してしまうわけではないのですが、長袖を着ているから日焼けは関係ないというわけではないのです。

とくに皮脂の出やすい鼻なども焼けやすい箇所です。
冬も鼻は毛穴も多く、乾燥してしまうと開きやすいです。皮脂は紫外線をよく通してしまいます。メイク直しなどで軽く皮脂をおさえたり、ファンデーションの崩れを直すだけでも紫外線対策になります。

冬も夏同様に、しっかりと日焼け止めを塗り、脇を紫外線から守りましょう。

冬だからこそ気をつけたい服

先ほども触れたように、紫外線は服さえも通りぬけてしまう事があります。
しかし、紫外線を通しにくい服もあるのです。UV加工された服はもちろんですが、素材や服の色などでも大きく関わってきます。
紫外線を通しにくい素材はポリエステルがダントツです。100%ポリエステルはもちろん、綿などと混合した素材でもいいでしょう。
また、白系の薄めの色は紫外線を通しやすいので、とても危険が高いです。(UV加工された白系の服は例外でもありますが、UV効果は永久にあるわけではないので注意が必要です。)その点、黒系の濃いめの色は、紫外線を通しにくいため有効的と言えます。

上記で上げた以外では、衣類用の紫外線を防ぐスプレーを使うのもいいでしょう。日焼けしにくい服選びは日焼け止めと併用するとさらに効果が大きいのがポイントです。

②UVカットのサングラスや眼鏡

夏にUVカットのサングラスや眼鏡をかけている方は多いですが、冬も積極的にかけるのがオススメです。
なぜならば、紫外線は目の角膜を通してお肌の日焼けを起こしてしまう力があるのです。
冬場は長袖でしっかりと服に覆われている脇も例外ではありません。このように、直接紫外線がお肌に当たらなくても目が無防備な状態では意味がないのです。

雪の照り返しの怖さ

雪焼けをご存知でしょうか?
毎年冬になるとスキーやスノボなどをしに雪山やスキー場へ遊びに行く方はご存知かと思いますが、冬場の紫外線が目に見えて分かりやすいのがこの現象です。

よく撮影などでモデルや女優の顔色がよく写るように白いレフ板というものを使い光を反射させる事があるのですが、まさに雪はこのレフ板と同じ状態。

白は紫外線(光)を反射させる力が特に強く、その紫外線の力はなんと夏の倍以上と言われています!
その照り返しの強さはアスファルトが数%だとしたら雪は80~90%の強さなのです。

目から吸収される紫外線からお肌を守るために雪山では特にUVカットされたゴーグルを必ず付けるようにしましょう。

とくに夏に焼けやすいと実感する人は、通年の美白ケアをしましょう。
紫外線対策は冬も継続すべきだということは浸透してきています。美白美容液は夏だけ使うという方も多いですが、近年美白化粧品の保湿力も高く、化粧水、乳液、美容液と美白化粧品を冬もライン使いしている人も少なくありません。

③冬だからこそお肌の保湿!

お肌が乾燥していると紫外線を防御する力が弱くなってしまい、紫外線の影響を強く受けやすく日焼けしやすくなってしまいます。そうすると、脇の黒ずみにつながる事にもなりかねません。
特に冬場はどうしてもお肌が乾燥する方も多いのではないでしょうか。

その原因は日焼けによる乾燥はもちろん、寒さで体温が低下し、血行不良からくる乾燥・暖房による空気の乾燥からお肌も乾燥させてしまったりと様々です。
顔のスキンケアはもちろんですが、ボディケアも徹底保湿です。
冬場は特に美容液やボディクリームなどで保湿を念入りに行ってください。
日頃からお肌の保湿をしっかりしていれば紫外線からのダメージも受けにくいです。

夏に受けたダメージのケア

夏に受けた紫外線ダメージによる脇の黒ずみをそのままにしていませんか?
実は脇の黒ずみを放置しておくとさらに悪化させてしまう可能性が大なのです!
冬を持ち越しまた夏になったときに、真っ黒になってしまった!なんて事も..。

冬のうちに脇の黒ずみの美白ケアや色素沈着に効果的な成分が入った美容コスメなとで地道にケアしたり、週1回位はピーリング石鹸を使い、溜まった角質や毛穴汚れなどを洗浄し、スペシャルケアをするのがオススメです。

次の夏のためにも紫外線対策と同時進行で続けていく事が大切なのです。

さいごに

夏も冬も紫外線対策の基本は変わらず、日焼け止めをしっかり塗る事は大切です。
夏のように日差しが強くない冬だからこそ特にキチンと紫外線対策を心がけ、継続的にケアをする事で脇の黒ずみも改善していくようになるでしょう。